還暦祝いガイド

 

還暦祝いとは

還暦祝いとは数え年で61歳の長寿のお祝いです。

歴史をさかのぼると、短命だった奈良時代の頃には40歳から10年毎に長寿を祝っていたと言われています。

 

その後寿命が伸び、室町時代の頃からは数えで61歳を還暦の長寿の祝いとし、以降定着してきたようです。

干支(十二支)でできる60通りの組み合わせ、六十干支が一巡し、61年目に誕生年の暦に戻るころから還暦と呼ばれるようになりました。

 

ちなみに長寿の祝いとは、還暦祝いが数え61才、古希の祝い 数え70才、喜寿の祝い 数え77才 、傘寿の祝い 数え80才 、米寿の祝い 数え88才、卒寿の祝 い 数え90才 、白寿の祝い 数え99才、紀寿の祝い、 数え100才 です。

 

平均寿命が伸びている現代では60歳で還暦祝い(長寿のお祝い)というのは大げさな印象があります。

祝われる方も年寄り扱いされるのを好まない場合もあるでしょう。

 

従って還暦祝いというよりもちょうど定年退職の年齢とも重なっていますので、ますます健康に第2の人生を始めよう、という意味合いで賑やかにお祝いする御家族が増えているようです。

還暦祝いのしきたり

還暦は61年目に誕生した年に戻る、つまり赤ちゃんに戻るという意味があること、また男性の厄年の1つでもあるので魔よけの色として赤を贈るという意味から赤いちゃんちゃんこで還暦をお祝いする習慣が作られたようです。

 

しかし、赤いちゃんちゃんこはその場限りのもので、実用性にはかなり乏しい為、実際に還暦祝いの贈り物には「赤」にちなんだ、衣類や装飾品、食品などが選ばれることが多いようです。

 

(写真だけ赤いちゃんちゃんこを着て撮影しよう、というイベントもありますね。しかし、周囲の気持ちを有り難く思っても、赤いちゃんちゃんこを着ることに抵抗を感じる方は案外多いと思います。なるべくご本人の気持ちを尊重して計画なさった方がよいでしょう。)

 

また、平均寿命が伸びている現代では、還暦祝いはまだまだ本人に長寿、老人という気持ちも薄い為、長生きのお祝いというよりも、ますます健康でいられるように、仕事の一区切りも兼ねていれば、第2の人生のスタートを祝ってあげるという意味でいつもより賑やかで派手めの誕生祝いをしてあげることも多いようです。

 

主役は本人ですので、場所や食事内容、贈り物など、還暦を迎えた本人の意思を尊重してあげることが大切だと思います。

還暦の祝宴に招待されたら

還暦祝の会に招待され、お祝いを包んでいく場合、表書きは「長寿御祝」 「寿福」「祝還暦」等とします。

 

還暦祝い当日に参加せずに、品物を贈る場合、遅くても還暦祝いの会前日迄には届けるようにするのが礼儀です。

 

還暦祝の贈り物・プレゼント

先に述べた通り、ご本人が喜ぶ品で、赤いものをお祝いに選ぶのも一つのアイディアです。

結局は還暦祝いだから、とこだわるよりも、本人が望むものや食事などの意見を聞いて準備することが、楽しみになるのではないでしょうか。

 

品物を還暦祝いに贈る場合、少し若い感覚の明るくお洒落なお祝いが喜ばれるでしょう。

ギフトとしてよく利用されている、記念日の刻印や名入れができるワイン、日本酒、グラス、写真立て等の名入れ商品も人気です。

 

またこれまでの人生の歴史を振り返り、様々な時代の写真を選んでアルバムを作ってプレゼントするのもとても喜ばれる還暦祝いの贈り物の一つです。

 

写真を持ち込むことで簡単に写真集やアルバムを作成してくれるサービスもありますので、当日の記念撮影も含め検討してもいいですね。

 

形式にこだわるより還暦を迎えた方の気持ちを尊重し、喜んでもらえる品を選ぶのが還暦祝いのプレゼント選びのポイントです。